ご挨拶

思いやりを持て。社員に、そして私に、そう言います。

 

 

代表取締役社長 鶴巻通雄不動産を用いた資産運用において私たちが最も重視しているのは、人と人との関係を築き、保つためのコミュニケーションです。

私が社員たちに常々言っているのは「日常のコミュニケーションを図れない人間が、お客様の信用を得られるはずがない」ということです。高額商品である不動産投資において、単にお客様に購入して頂くことだけで業務が完結するはずがありません。
たとえば「かかりつけのお医者さん」があるように、その後のコンサルティングまで含めた総合的な不動産サービス企業、すなわち「かかりつけの不動産屋さん」になりたいとエスティアは考えます。それにはお客様からの信頼なくして務まるはずがありません。そのために必要なのは、人と人との永続的なおつき合いであり、具体的には「思いやりのある」コミュニケーションであると思うのです。 私たちは生活に不可欠な衣・食・住の一端を担う者としてのプライドを持って、さらなるサービスに邁進してまいります。自社ブランドの開発や、コンサルティング部署の大幅なリニューアルも進行中です。
今後ともエスティアは一人でも多くのお客様と共に、常に一体感を持った資産運用コンサルティングを推進していきたいと考えます。