現在の社会情勢と今後の予想

私たちを取り巻く環境の変化

公的年金制度が崩壊し、銀行の利息は低金利となっています。企業においても年功序列制・終身雇用や退職金制度の廃止など、まさに年収 300万円時代を迎え、格差社会になりつつあります。
さらに景気は変動するものであり、容易に予測することは簡単なことではありません。だからといって、「現在」にだけ意識を集中し、将来について考えないのではご自身のみならず、ご家族さえも生活に対して安心することができません。
何もしないで老後に安心を得られる時代ではないのです。自分のため、そして家族のためにも豊かで実りある生活を実現するための「投資」の活用はいまや必須といえるでしょう。

低成長を続ける経済、老後の不安…日本の社会情勢は急激に変化している

低成長を続ける経済、老後の不安…日本の社会情勢は急激に変化している

公的年金(厚生)の支払いと受給者の比率

公的年金(厚生)の支払いと受給者の比率

現在の経済事情

現在メディアなどで資産運用に関する露出が以前にもまして増えてきました。それは銀行の低金利や年金制度の崩壊、退職金制度の廃止などによって、投資に目を向ける方々が増加している傾向にあるためです。
投資といっても様々なものがあり、その代表的な投資法には、株式投資(現物・信用)、先物取引、投資信託、債券、外貨預金、FX取引、そして不動産投資などが挙げられます。株式投資人口は年々増加していますが、景気局面ごとに特質を持つ、預金、債券、株式、または不動産など複数の商品に資産を分配しておく分散投資も増えています。
米国などでは以前から資産運用の授業が行われるなど、世界的にも投資に目を向ける人々が増加している傾向にあります。