エスティア > 供給物件 > 物件の理念

物件の理念

私たちが提供する商品は、当然ながら不動産となりますが、もう一つの見方からは金融商品である面が色濃い商品と言えます。

では投資として、物件自体「金融商品として価値あるとは」を考えた場合、まず重要となる項目は「収支バランス」・・・投下資本(ここでは物件価格)とリターン(メリット・ここでは家賃収入など、それも永続的な長い期間・将来に向けて得ることのできる収入)のバランスに他なりません。

将来に向け高い賃料が期待できる要素を考えた場合(不動産運用の様々なメリットにも大きく関わることではありますが)

地域性 その地域が将来は尚発展し求心力が現在より高くなるであろうこと
物件自体 しっかりした仕様の物件というだけでなく、未来を見据えて将来に高い求心力が保てるであろう質であること

の二項目となり、それに対し正面から向き合い「自信をもってお勧めできる商品しか提供しないこと」が理念であり誇りとなります。

また、自社物件の供給においては、この理念からもう一項目を基本的理念として守ってまいりました。

それは、「画一的な統一仕様を決めるのではなく地域に最も合った物件は」を考え供給するということです。

デベロップメントとは、プランニングの中から様々な答えの中から最良を選び出す作業と言えます。
それは大きく手間暇が掛かったとしても、例えば外壁の色ひとつとっても、地域に馴染ませるor反発させ目立たせるなど、そのひとつひとつの項目全てを考えたオーダーメイドな商品に他なりません。

それこそが「没個性でもなく、時代の流行に乗り過ぎてもいない」将来に対し高い求心力を保つ物件であると考えております。